ノンシリコンシャンプーって何?

近頃人気のノンシリコンシャンプーですが、よくわからない人も多いのではないでしょうか?

なんとなく「髪に良さそう」とか「頭皮トラブルに良いって言ってた」などの声を聞いた事もありますよね。

しかしながらノンシリコンシャンプーを実際に使用している人の中には「髪がきしむ」「毛先がパサパサ」のような、使用感があまり良い感じがしないと感じている人がいるのも事実です。

ノンシリコンシャンプーだけでなく、どんなシャンプーにも良い点・悪い点は存在します。

そして特徴がわからないまま、使用してしまうと逆効果になってしまうこともあるようなので注意して使用しないとダメなんです。

そんな方にこの記事ではノンシリコンシャンプーについて、基礎知識や良い点・悪い点などの情報をご紹介していきます。

この記事を読ンんで、あなたにピッタリ合うノンシリコンシャンプーを探して下さい。

 

そもそもノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの違いって?

 

ノンシリコンシャンプーって聞いた事はあるけどよくわからないという方も多いのではないでしょうか?

ここでノンシリコンシャンプーの特徴について、簡単に解説していきますね。

ノンシリコンシャンプーは名前の通り、「シリコン」と言われる成分が含まれていないシャンプーで、サロンなどで「髪の毛に優しいですよ」などと紹介される事も多いです。

この「シリコン」という物は髪の毛をコーティングしてくれる働きがあり、髪の毛のこすれ防いで「きしみ」・「指通りの悪さ」を少なくする働きがあるんです。

また、髪の毛をコーティングしてくれるのでダメージを予防する効果もあるので、シリコンの全てが悪いわけではないです。

ところでノンシリコンシャンプーは何がいいの?

先ほどの記事でもノンシリコンシャンプーは髪の毛をコーティングしてくれる効果があって、ダメージを防ぎ、洗い上がりの指通りもなめらかになるので悪い効果を感じませんよね。

しかシリコンにも悪い点はあるんです。

 

その悪い点というのが、髪の毛だけでに限らず「頭皮もコーティングする」ってことです。

頭皮もシリコンでコーティングすると、毛穴が詰まって、かゆみやフケの原因になるし、最悪の場合毛根も詰まって髪の毛が細くなったり、抜け毛が多くなったりする事です。

そしてシリコンは髪の毛に協力に吸着する力があるので、継続的に使用すれば残留しやすくなる傾向にあり、髪がペタッとしたりベタつき感があったりします。

それに、髪の毛をコーティングしてしまうのでヘアカラーやパーマの薬液も浸透しづらくなるため、ヘアカラーやパーマが思ったような仕上がりでなかったり、何回もパーマをすることでダメージを与えてしまう可能性も…。

ノンシリコンを使用する事で髪の毛が重たくなりづらくなり、根元からふんわりするだけでなく、頭皮トラブルを予防できる特徴があるんです。

そしてアカラーやパーマも薬剤の浸透がよくなって、イメージ通りの仕上がりが期待でき、ダメージも最小限に抑えることが可能になります。

ノンシリコンシャンプーって髪の毛や頭皮に良いの?

 

ノンシリコンシャンプーもシリコンシャンプーもメリットもデメリットもあります。

しかし長期的に考えるとノンシリコンシャンプーを使った方が良いと考えられます。

それは、髪の毛は頭皮から生まれるので、頭皮の環境が悪化すると健康的な髪の毛が生えなくなってしまうからです。

使用感や、毛先のパサつきなどは、どちらでも良いのですが、頭皮に関してはハッキリしています。

もし頭皮環境が悪化すると、改善するのに時間が必要になりますし、結果的に髪の毛トラブルになりやすくなるので、ちょっとリスクが高くなってしまいます。

結果ノンシリコンシャンプーを使った方が、髪の毛や頭皮にとってはリスクが少ないと私は感じます。

 

ノンシリコンシャンプーの判断方法

 

薬局などで売っているシャンプーを見ても、それがノンシリコンシャンプーなのかシリコンシャンプーか不明ですよね。

そこでノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの判断方法をご紹介していきます。

ノンシリコンシャンプーを使用しようと考えている方はぜひチェックしてみてくださいね。

ノンシリコンシャンプーとシリコンシャンプーの見分け方

シャンプーを選ぶ場合にボトルの成分を確認する方はほとんどないと思いますが、もしノンシリコンシャンプーと書いていなければ成分表を見ることで簡単に見分けることができるんですよ。

シリコンシャンプーに使われているシリコン成分

 

シクロメチコン

ジメチコン

ジメチコンポリオール

 

 

などの成分が配合されているので、確認してみて下さい。

ノンシリコンシャンプーを購入する場合は上記の成分が無いシャンプーを選んであげるようにしましょう。

ノンシリコンシャンプーは自分に合ったものを選びましょう

 

あなたもサロンなどに行くと、よく美容師さんに「ノンシリコンシャンプーがいいですよ」って紹介された経験はないでしょうか?

買い物に行くと薬局などのお店でもこぞってノンシリコンシャンプーのPOPがあるのを見たことがあると思います。

髪の毛に良い 
頭皮に優しい

 

そんなアピール文句で商品をPRしていますが、安易には購入しないようにしましょう。

実際にはノンシリコンシャンプーにも、髪の毛や頭皮の状態に合わせてたくさんの種類があるって知っていましたか?

薬局などで販売されているノンシリコンシャンプーって細かく記載されていないものも結構あるのですが、自分の髪の毛や頭皮の状況に合わせてたくさんのノンシリコンシャンプーの中から自分に合った種類をを選ぶことが重要です。

ノンシリコンシャンプーの種類は?

 

それではノンシリコンシャンプーの種類についてご紹介していきます。

髪の毛・頭皮に悩みがあると言っても、悩みは違ってきますし、1種類のシャンプーで全ての悩みを解決するのは難しいんです。

だからノンシリコンシャンプーだけでなく、それぞれ効果を分類して悩みに合わせてシャンプーを選べるように販売しているんですよ。

最近のシャンプーを確認すると複数の種類が組み合わさったものもたくさんありますが、厳密に言えばそれぞれ違っています。

それではノンシリコンシャンプーの種類を紹介しますので、チェックして自分に合ったものを探して下さい。

1、ボタニカルシャンプー

ボタニカルタイプのノンシリコンシャンプーは最近多くなってきています。

このシャンプーは天然由来の植物エキス配合の頭皮にすごく優しい刺激が少ないタイプのシャンプーです。

だから肌の弱い方が使う場合が多いようです。

生薬として使用されている植物のエキスや果実などから抽出した成分を使用して、低刺激なのに頭皮のかゆみやベタつきなど、頭皮トラブルをを解消する効果が期待できます。

さらに抜け毛などを予防する育毛成分もボタニカルシャンプーには多いのが特徴で、たくさんのメーカーが注目しているシャンプーでもあります。

天然由来の成分でオーガニック認証を受けた成分で作られている場合「オーガニックシャンプー」と言われて販売されることもあるので、基本的には同じものだと考えておきましょう。

2、石鹸シャンプー

このシャンプーは名前にもある、石鹸の成分配合で作られたもので、洗浄成分が石鹸になっているシャンプーです。

生分解性が優れているので環境にも優しく地球にやさしいシャンプーです。

そしてシャンプーの特徴で洗浄力がかなり強いので、皮脂汚れが多くて髪の毛や頭皮がベタつく場合はぴったりです。

天然由来の成分で作られていて基本的に無添加なので安全・安心して使用できるシャンプーといえます。

しかし、石鹸シャンプーはアルカリ性なので、もともと弱酸性の頭皮や髪の毛に使用すると、髪の毛がゴワゴワしたり、きしみや指通りが悪かったりすることがあるんです。

また良くすすがないと、石けんカスが残ったり、フケのようなものが出てくる事もあります。

そして地肌が乾燥気味の方は洗浄力が強いので、使用しない方がいいでしょう。

成分表記 : 石けん素地、カリ石けん素地、脂肪酸K、脂肪酸Na

3、アミノ酸シャンプー

 

他のシャンプーと比較すると洗浄力がマイルドな成分で、髪の毛や頭皮には扱いやすいシャンプーです。

シャンプー自体が髪の毛や頭皮と同じ弱酸性になっているのでトラブルが少なく、子どもも安心して使用出来る特徴があります。

そして髪の毛と同じタンパク質の成分で作られている洗浄成分なので、なじみやすくしっとりと洗い上げれるシャンプーです。

洗浄成分には多くの種類があり、洗浄力が弱いものも強いものも幅広くあるので、髪の毛や頭皮の状態によって選ぶことができるのもアミノ酸シャンプーの魅力なんですよ。

4、スカルプシャンプー

 

スカルプシャンプーは頭皮環境を整える目的のシャンプーで、地肌のかゆみ・フケ・ベタつき・臭いなどを予防したり、改善する効果があるものです。

ボタニカルシャンプーと同じようですが、スカルプシャンプーにも頭皮の状態を整えるために天然由来の成分が入っています。

頭皮環境を整える働きが強いので、薬用シャンプーとして販売されているものも多くあります。

そして育毛成分が配合されたスカルプシャンプーも多くあるので、育毛シャンプーとも呼ばれていたりもします。

だから「髪の毛をきれいに…」というよりも、頭皮の環境を整えて健康的な頭皮を保つことに焦点を当てた製品です。

頭皮環境を良くして「健康的な髪の毛を育てていきたい」といった目的位の方にはぴったりのノンシリコンシャンプーなんですよ。

5、トニックシャンプー

 

トニックシャンプーってあまり聞かないですよね、それもそのはず。

実際はトニックシャンプーというのは明確な定義がなく、造語らしいです。

ただトニックというのは育毛剤から来ている言葉なので、要約すると「育毛効果のあるシャンプー」です。

つまり育毛シャンプーですね。

そしてトニックシャンプーの多くは「メントール」と呼ばれるスーッとする成分が配合されていたり、ハッカなどのスースーした成分が配合されている特徴があるんです。

それと脱脂力の強い洗浄成分が使われている場合が多く、男性の方が好んで使う傾向がありますね。

頭皮の毛穴をスッキリと洗い落とし、スーッとする成分の血行促進効果によって育毛成分が浸透しやすい状態のシャンプーです。

抜け毛などが心配の方には相性のいいシャンプーなんですよ。

6、オイルシャンプー

 

このシャンプーは最近特に多くなってきているシャンプーで、シリコンの代わりに髪の毛にツヤを与える為に植物由来のオイル成分が配合されたものです。

オイル成分配合ですが髪の毛や頭皮がベタつくことはありませんが、髪がベタつきがちな方・髪が細くて毛量が少なめの方はあまり向いていません。

逆に地肌が乾燥タイプの方にはオイルシャンプーの油分が頭皮を保湿・保護の働きで、かゆみやフケを抑えてくれるシャンプーなんですよ。

このシャンプーも明確な定義がないので、オイル成分配合ならばオイルシャンプーと呼べてしまうんです。

ですから多くのシャンプーはオイルシャンプーとも言えるでしょう。

成分表記 : アルガンオイル、ホホバオイル、メドウフォーム-δ-ラクトン、バオバブオイル、マカダミアナッツオイル、ヤシ油など

ノンシリコンシャンプーの良い点・悪い点

 

それでは意外と知らない方も多いノンシリコンシャンプーの良い点・悪い点についてご紹介していきます。

ノンシリコンシャンプーに限ったことではないですが、どんなものにもメリット・デメリットがあります。

ノンシリコンシャンプーの悪い点

 

まずはノンシリコンシャンプーの悪い点についてご紹介していきますね。

ノンシリコンシャンプーを使用した全員が「良い!」と思えるわけではありません。

私がノンシリコンシャンプーを使用してきた経験なども紹介しながらお伝えしていきます。

1、髪の毛がギシむ

 

まずはノンシリコンシャンプーで一番多い悪い特徴の髪の毛のきしみです。

髪の毛のコーティング剤のシリコンが配合されていないので、指通りが悪く、洗っている最中はギシギシとした使用感なり、洗い上がりもパサパサとした感じになる事があります。

近年ではシリコンの代わりにオイル成分やコンディショニング成分が配合されて、こういったトラブルは少なくなりましたが、一部の製品ではまだまだ起こりうる問題です。

特に安価なシャンプーだと低品質なので、コンディショニング成分が含まれていないので髪の毛がきしむノンシリコンシャンプーも多いと感じますね。

やはり洗い上がりの指通りの良さは重要なので、安価なものは避けた方が無難です。

2、ダメージヘアには相性が悪い

髪の毛のダメージが進行していて、毛先も切れ毛になっているハイダメージの髪にはノンシリコンシャンプーはちょっと相性が悪いです。

もちろん全部のノンシリコンシャンプーと相性が悪くはないのですが、シリコンが配合されていないので、余計に指通りが悪く感じます、洗っている使用感は最悪になることも…。

しかし最近はそういったハイダメージ髪質でも洗えるように改善されてきているので、ノンシリコンシャンプーも選んで使用すれば使えます。

3、ヘアカラーの色持ちが悪くなる

 

ノンシリコンシャンプーを使用するとヘアカラーの持ちが悪くなってしまうことがあります。

シリコンが配合されているシャンプーの場合、髪の表面をコーティングしてくれるので、髪の内部に浸透させた色素が落ちにくくなりますが、ノンシリコンシャンプーの場合だとコーティングがないため色持ちが悪くなってしまうんです。

もちろん髪の毛のダメージの程度によっても変わってきますが、やはりノンシリコンタイプの方がカラーの持ちは悪いでしょう。

ノンシリコンシャンプーの良い点?

 

次はノンシリコンシャンプーの良い点をお伝えしていきます。

先ほどのような悪い点だけを見るとあまりよくないんじゃないかと思ってしまうかもしれませんが、ノンシリコンシャンプーにも良い点はたくさんあるんですよ

1、髪の毛がサラサラになる

 

シリコンシャンプーと違って髪の毛をガッツリとコーティングするような成分は配合されていないので、サラサラの質感を手に入れることができます。

自然な感じの軽い質感になり、重たい質感にはならないので風になびくような髪にしたい方にはベストです。

ノンシリコンシャンプーは継続使用するとどんどんサラサラな状態にしていくことができるんです。

2、コンディショナーやトリートメントが不要

 

ノンシリコンシャンプーは基本的にコンディショナーやトリートメントを使用しなくても大丈夫なのがメリットです。

自然な髪の艶が出るので、ダメージヘアの方以外はコンディショナーやトリートメントを使う必要がないんですよ。

ノンシリコンシャンプーだけで済ませることが可能なので、トリートメントを使うのがめんどくさいと感じる方はおすすめです。

私も通常ノンシリコンシャンプーを使用していますが、髪の毛がツヤツヤになっているのでコンディショナーを使わなくなりました。

3、猫っ毛でもボリュームを出してふんわり出来る

 

髪の毛が細くてハリ・コシのない猫っ毛の方などにはノンシリコンシャンプーはかなり相性が良いです。

シリコンは髪の毛をベタっと重くするため、根元からのボリュームが無くなる傾向にありますが、シリコンが配合されていないのでふんわりとしたボリューム感を出せるので、スタイリングがしやすくなります。

だから猫っ毛のような細毛の方はもちろんのこと、毛量が少なめの人も使い勝手がいいシャンプーです。

4、地肌の毛穴詰まりを防ぐことができる

 

シリコンは髪の毛や頭皮の表面をコーティングしてしまいます。

その結果、毛穴を詰まらせてしまい環境が悪化する可能性がありますが、ノンシリコンシャンプーはそういった心配がないので、安心して使用出来ます。

頭皮のかゆみ・フケ・臭い・抜け毛などのトラブルの予防をして健康的な頭皮環境に導くことができるので、頭皮を予防・改善したい方にはおすすめしたいシャンプーですね。

5、すっきりとした洗い心地とさっぱりとした洗い上がり

ノンシリコンシャンプーはものスッキリとした洗い上がりが特徴です。

そして洗い終わってドライヤーで髪の毛を乾かすと、さっぱりとした感じがするのも良い点だと感じます。

たぶんシリコンが配合されていないのでベタついた質感にならず、洗い終わった後もすっきり・サッパリするのではないかと思います。

ノンシリコンシャンプーはこんな方に向いている

 

ノンシリコンシャンプーが向いている方の特徴はこんな方です

頭皮や髪の毛がベタつきやすい
髪の毛にボリュームが出ない・ボリュームを出したい
髪の毛をサラサラの状態にしたい
かゆみや臭いなどのトラブルに悩んでいる

 

以上の項目にひとつでも当てはまればノンシリコンシャンプーを使用してみるといいですよ。

ノンシリコンシャンプーを使用すると、髪の毛や頭皮の悩みを解消することができます。

まとめ

いかがでしょうか、ノンシリコンシャンプーの特徴や良い点・悪い点についてご紹介させていただきました。

意外と知らないことが多くあったのではないでしょうか?

ノンシリコンシャンプーには良い点もあれば悪い点もあります。

どちらも検討したうえで使用する事で、あとで後悔することがなくなるので検討してみてくださいね。

今まで使っていたシャンプーで髪のトラブルとか、頭皮がベタベタして気持ち悪いなど、悩みを解消することができるノンシリコンシャンプーなので、使用してみることをおすすめします。

使用する事で髪の毛や頭皮の悩みを改善して、健康的な状態にしてくれて髪の毛もきれいにキープすることができますよ。

ぜひ自分に合ったノンシリコンシャンプーを探してみて下さい。

参考記事
ノンシリコンシャンプーはこちらの記事も参考にして下さい。

ハーブガーデンシャンプーはノンシリコン はこちらの記事に詳しく書かれていました。

タグ: